リスニング上達

英語を聞き取るために

日本人は学校でいくら英語を勉強していても会話、聞き取りが出来ない人は多いですよね。ではどうして日本人のスピーキング力、リスニング力は弱いのでしょうか?リスニングで英語が聞き取れないと言う事にはいくつか理由が有ると言われています。

 

「リスニング、スピーキングの学習時間が少ない」「単語の発音を正しく覚えていない」「覚えている英単語の数が圧倒的に少ない」「英語のスピードについていけない」等、英語を聞き取れない理由は様々あります。発音と単語の数に関しては、中学校レベルの教科書を読み返したりするとある程度は出来ると思います。

 

実は中学レベルの学習でも英語は十分に話せ、聞き取ることが可能です。単語、英文法は知っているか、暗記をしているかどうかの問題です。

 

英語を話せない、聞き取れない最大の原因はスピーキング、リスニングに焦点を当てた授業が圧倒的に少ないから。英語を話す機会も、聞く機会も文法を勉強する時間に比べて圧倒的に少ないのが現状です。日本人は英語をたくさん勉強しているのに英語を全くと言っていいほど話せないと言われてしまう原因はここにあります。

 

英語を聞き取るには、英語を聴くと言う事に集中する必要があります。とにかく多くの英語を聞き、そのスピード、タイミングを感じることから。この英語を聴くことに多くの時間をあてなくてはいけないのです。一時期にまとめてでも、毎日5分と短い時間でも◎

 

最初は何を言っているか分からなくても聴き続けること。これを繰り返していき、耳を英語に慣らせてあげて、一度日本語に約さなくても英語で理解出来る頭を作る様にしなくてはなりません。こうした考え方を勉強の最初の内から入れていく事、これが大切なのです。

 

英語で考える思考回路が小さな種でも一度頭脳に出来上がってしまえば後はスイスイ頭に入ってくるようになります。ちょっとしたコツを掴んでしまえば、ここからはスムーズですよ。この基礎的な事をしないでいくら勉強をしてもなかなか英語は身に付きません。

 

リスニングをしなくてはと言う課題だけが残ってしまう事になり、ただ漫然と勉強をしていく事になるのです。リスニング力を高めるためにリスニング力の種を頭の中に植え付けましょう。

 

リスニング力をつけるにはまずは英語を意識して聞いてみること!

 

英会話教室に通わずに、自分の好きな時間にリスニング力、スピーキング力をアップさせたいならそのための勉強が必要です。

 

英会話スクールに行かないでも3ヶ月後に英語上達を実感する勉強法