何度も何度もひたすら聞くべし!

「静聴」と「多聴」って聞いたことはありませんか?これを組み合わせる事で英語のリスニングの勉強が効率よく出来ると言われています。これは有名なヒアリングマラソン等にも実際に採用されている勉強方法なので、とても効果が高い英語のリスニング力強化の学習法です。

 

何回もしっかり聞いて英語を聞き取る方法、「多聴」は様々な英語をたくさん聴くと言うことを意味します。しかし、ただ単に聴くだけではいけません。いくつか注意しておくべき点があります。

 

英語が殆ど聞き取れない初心者の方は、多聴より静聴を先に行う方が良いと思います。多聴を行ったとしても英語の意味が分からないので単に聞き流してしまう事になります。そして、分からない単語があったりするとそこで考えてしまって聞くのが止まってしまうなんてことにも。

 

それゆえ、先ずは静聴を行って英単語から英文をしっかりと聞き取れる様になる必要があります。英語の上級者の場合にはとにかく様々な英文を聴く機会を増やすこと。「多聴」が◎。聞き流しても大体の意味を理解する事が出来るはずです。途中で考えて止まってしまうなんてことが無いのでリスニング力アップには非常に効果的な方法です。

 

初心者から段階に応じて多聴と静聴を混ぜ合わせていきましょう。初心者、上級者にも共通して言えるのが、英語に触れる機会を多くすること!英語に触れる機会が少なくて、聞ける様になる、話せるようになるなんてことにはなかなか・・・

 

耳を英語に慣らすために毎日10分でよいので英語、英会話を聞く習慣が必要です。

 

今人気のリスニング教材の開発者のスコットペリーは、現在、芸能人や歌手に発音矯正をしている誰もが認める超凄腕!実際にどんな芸能人を指導したの?

 

聴きとれるだけでなく、話せることにも主眼をおいた英会話教材を探しているならリスニングパワーを使用してリスニングの勉強をすることをおすすめします。